FocusTalk [an error occurred while processing this directive] アップデートモジュール

アップデートモジュールの詳細

FocusTalkアイコン FocusTalk ver.2.0.0 → [an error occurred while processing this directive]
公開日 2008年12月10日
対象製品 FocusTalk ver.2.0以降
ダウンロードファイル名 focustalk_update_2_0_4c.exe
ファイルサイズ 2.74MB

アップデートモジュールのダウンロードはこちら

FocusTalk [an error occurred while processing this directive] リリースノート

【追加機能】

●詳細読みについて、田町読み辞書の非漢字部分が更新されました。
●1文字読みユーザ辞書の追加・編集時に、読みの部分にスペース文字を 使用できるようにしました。

【不具合修正】

●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態で 長時間使用すると、表示がおかしくなる不具合を修正しました。
●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態で マウスカーソル読み上げ機能をオフにすると、強調表示枠が残ってしまう 不具合を修正しました。
●InternetExplorerの仮想カーソル位置の強調表示機能にて、全文読みを 行った際の強調表示がおかしくなる場合がある不具合を修正しました。
●InternetExplorer6にて、メニューの「お気に入り」の中でアプリケーション メニューより「名前の変更」を選択して表示された画面でエディットボックスの 読み返しが出来ない不具合を修正しました。
●「押されたキーを読む」の設定をオンにした時、ファンクションキーの 読み上げが正常に行われない不具合を修正しました。
●エディットボックスにフォーカスがある状態でアプリケーションキーを押した際に表示されるポップアップメニューにて、上下矢印キーを押すと メニューでは無くエディットボックスの文字を読み上げてしまう不具合を 修正しました。
●Excelのセル編集時、Ctrl + Alt + Gキーで1文字フォネティック読みを 行えるようにしました。
●Excelのセル編集中にエンターキーにて確定し、自動的に隣のセルに移動したときに 次のセルの内容を読み上げるようにしました。
●かな漢字変換時の読みの設定にて、ローマ字入力字の読み上げ方法を 「キーエコーのみ」に設定している時に、ワードパッドでローマ字入力を行うと 1つ前に押されたキーを読み上げる不具合を修正しました。
●スタートメニューの項目のうち、名前がアルファベット以外で始まる項目の場合に アクセラレータキーを正常に読み上げない不具合を修正しました。
●画面にタイトルが入っていないメッセージボックスが表示された際に、画面内の テキストを全文読みしない不具合を修正しました。
●スタートメニューやデスクトップ上にあるショートカットアイコンのプロパティにて、 「ショートカット」タブ内の「ショートカットキー」の設定項目を正しく読み上げる ように修正しました。
●IEにて、正常に読み上げないサイトを読み上げるようにしました。
例:http://www.hmv.co.jp/news/article/809050196
●日本語入力オン(IMEオン)の状態で、Shiftキーを押しながらアルファベット大文字を 入力して確定すると、冒頭に「全角ひらがな」と読み上げてしまう不具合を 修正しました。
●JukeDoXをFocusTalkと併用した際、JuleDoXの読み上げ速度を上げる ショートカットキー(Ctrl + Shift + G)のキーが使用できない不具合を修正しました。
●MMメール2での下記の不具合を修正しました。
 ・矢印キーでのフォネティック読み設定を行ってもフォネティック読みをしない
 ・記号の読みの設定を行っても記号の読み上げをしない
 ・メールリスト一覧にフォーカス移動した直後、選択された行を読み上げない
●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態で長時間使用すると、表示がおかしくなる不具合を修正しました。
●マウスカーソル読み上げ機能にて、マウス位置強調表示をオンの状態でマウスカーソル読み上げ機能をオフにすると、強調表示枠が残ってしまう不具合を修正しました。
●InternetExplorerの仮想カーソル位置の強調表示機能にて、全文読みを行った際の強調表示がおかしくなる場合がある不具合を修正しました。
●InternetExplorer6にて、メニューの「お気に入り」の中でアプリケーションメニューより「名前の変更」を選択して表示された画面でエディットボックスの 読み返しが出来ない不具合を修正しました。
●「押されたキーを読む」の設定をオンにした時、ファンクションキーの読み上げが正常に行われない不具合を修正しました。
●エディットボックスにフォーカスがある状態でアプリケーションキーを押した際に表示されるポップアップメニューにて、上下矢印キーを押すとメニューでは無くエディットボックスの文字を読み上げてしまう不具合を修正しました。
●Excelのセル編集時、Ctrl + Alt + Gキーで1文字フォネティック読みを行えるようにしました。
●Excelのセル編集中にエンターキーにて確定し、自動的に隣のセルに移動したときに次のセルの内容を読み上げるようにしました。

FocusTalk [an error occurred while processing this directive] リリースノート
【機能追加】

マウスカーソル読みの強調表示枠の形を変更する設定を追加しました。(枠の角を丸くする、または通常の長方形)
枠の角が丸い画像と通常の比較画像

InternetExplorerにて、以下の連続読み上げを行っている途中でCtrl + Pauseキーを押して音声を停止すると、仮想カーソルがその場所に移動するようになりました。その場所から上下矢印キーなどで自由に移動することができます。また、以下の連続読み上げを行っているとき、仮想カーソル位置の強調表示をオンにしますと、現在読み上げている場所が強調表示されるようになりました。
・ページ読み込み完了直後の全文読み上げ
・Alt + 下矢印キーによる、現在の仮想カーソル位置からページの最後まで読み上げ
・Alt + 上矢印キーによる、ページの先頭から現在の仮想カーソル位置まで読み上げ
・右矢印キーによる、前方スキップ移動読み上げ
・左矢印キーによる、後方スキップ移動読み上げ
・Ctrl + Shift + Zキーによる、ページ全体の再読み上げ
・F5キーによる、ページの再読み込み

※ Ctrl + Pauseキー以外での読み上げ中断(Ctrlキーや上下矢印キーなど)の場合は、従来と同様の動作になります。

WZエディタ ver.5の読み上げマクロ「DMWin」がインストールされている環境にて、FocusTalkにてWZエディタが読み上げ可能になりました。

WZエディタ ver.6 プレリリース版に暫定対応しました。

日本語入力の変換候補を選択中、Unicode文字を選択した時には、Unocodeのコードを16進数で読み上げるようにしました。(主にWindowsVista環境)

【不具合修正】

●InternetExplorerにて、見出しとリンクが一緒になっている項目に移動すると、その先に存在しないエディットボックスを読み上げてしまう不具合を修正しました。

●InternetExploerにて、リンクが大量に含まれるWebサイトを開いた際にパフォーマンスが低下する不具合を修正しました。

●InternetExploerにて、ダウンロードが最後まで完了しない状態が長く続いた場合、一定時間後に強制的にページ読み上げを行うようにしました。

●InternetExploerにて、Webページによってはリンクが文字で書かれているにも関わらずURLで読み上げてしまう場合がある現象を回避しました。

●InternetExplorerにて、リンクの中にボタンが置かれているような構造になっている部分が読み飛ばされてしまう不具合を修正しました。 例: https://club.panasonic.co.jp/Auth/portal_login.html のログインボタン

●InternetExplorerの全文読み及びスキップ読みにて、途中で無音文字(主に記号)があると、そこで読み上げが停止してしまう不具合を修正しました。

●Windows Messengerにて、着信したチャットの内容をリアルタイムで読み上げない不具合を修正しました。

●記号読みの設定がオンの状態にて、文章によってはスペース文字を読み上げない不具合を修正しました。

●ユーザ辞書編集画面にて、編集中の状態で画面を閉じようとした際に表示される保存確認メッセージで「はい」を選択しても保存されない不具合を修正しました。

●日本語入力がオンの状態で代替キー機能が正常に動作しない不具合を修正しました。

●エクスプローラーまたはInternetExplorerのメニューから「お気に入り」をマウスでクリックした際に「スタートメニュー」と読み上げてしまう現象を修正しました。

●Excel2007にて、並べ替え画面のコンボボックスの読み上げを行うと、1つ前に選択された項目を読み上げてしまう不具合を修正しました。

●Word本文を読み上げ途中でCtrlキーを押して音声停止すると、テキストカーソル追従機能が原因でキャレットが文頭に移動してしまう不具合を修正しました。また、テキストカーソル追従機能は、Ctrlキーでの音声停止では動作せず、従来通りCtrl + Pauseキーにて動作するようにしました。

●その他、細かい不具合修正を行いました。

FocusTalk ver.2.0.4a リリースノート

【機能追加】

AdobeAcrobat9, AdobeReader9に対応

マウスカーソル読みの機能を強化(弱視・高齢者の方に対しての機能強化)
・マウスカーソル読みのみ行う設定が可能になりました。
マウス読み設定画面の画像

・マウスカーソル読みにて読み上げた箇所の強調表示設定を追加しました。
マウスカーソル読みで、ボタン、メニュー、アイコンを選択している画像

 

画面内のテキスト情報の順次読み上げ(Ctrl + 上下矢印)の機能を強化しました。
これにより、キーボード操作にて画面内にあるテキスト情報のほとんどを読み上げられるようになります。Tabキーなどで移動できないようなエリアのテキストの読み上げも可能です。

テキスト情報を選択している画像同機能で、ウィンドウの最小化、最大化、閉じるボタンを選択している画像


画面内のテキスト情報読み上げ(Ctrl + 上下矢印)を使用したい場合のショートカットキー
Ctrl + Alt + F9 キーでON・OFFの切り替え

更に、Ctrl + 上下矢印キーで読み上げた後、Ctrl + 左Windowsキーを押すことで読み上げた箇所をマウスの左クリックと同等の操作、Ctrl + 右Windowsキーにて読み上げた 箇所をマウスの右クリックと同等の操作が行えるようになりました。 Ctrlキーを押しながら、素早く左Windowsキーを2回押すことで、ダブルクリックも 再現できます。

Windowsキーを使ったマウスクリックのショートカット
Ctrl+Windowsキー=左クリックの画像
Ctrl+Windowsキー=右クリックの画像

キーボード操作による、マウスのクリック操作のショートカットキー対応を説明している画像

Ctrlキーにて音声停止機能を追加しました。

1文字読みに使用する田町読み辞書が新しくなり、第2水準の漢字の読みが追加 されました。

テキスト版オンラインマニュアルを章ごとに別ファイル化しました。

Wordの履歴情報を下記のように変更しました。
・変更履歴情報の読み上げCtrl + Shift + R
範囲選択をしている場合…範囲内の変更履歴を全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から下方向に最も近い履歴に移動し読み上げ
・変更履歴情報の読み上げCtrl + Shift + Alt + R
範囲選択をしている場合…範囲内の変更履歴を全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から上方向に最も近い履歴に移動し読み上げ

コメント情報読み上げの機能を、下記のように変更しました。
・コメント情報の読み上げCtrl + Shift + C

範囲選択をしている場合…範囲内のコメントを全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から下方向に最も近いコメントに移動し読み上げ
・コメント情報の読み上げCtrl + Shift + Alt + C
範囲選択をしている場合…範囲内のコメントを全て読み上げ
範囲選択をしていない場合…現在の位置から上方向に最も近いコメントに移動し読み上げ
これにより、文章の先頭にキャレットがある状態で、Ctrl + Shift + Rを押すたびに、 変更履歴を上から順番に辿ることが可能になります。 (従来の読み上げ方法では、一度、テキストを選択状態にしないと動作しないという 仕様でしたので、利便性が向上しました。)
ワードのコメント情報画像

InternetExplorerにて、見出しタグ、リストタグ、フォントタグなどの読み上げ タイミング(前か後か)の切り替えが可能になりました。
設定画面にて設定変更可能。(「タグ情報+内容の順番で読み上げる」チェック)

その他、読み上げに関して下記の細かい調整をしています。
・.NETで作成されたリストビューコントロールの読み上げ方法を調整しました。
・リストボックス、またはリストビュー、コンボボックスにて、最上端/最下端が 選択されたときのガイドを追加しました(「上端」or「下端」と読み上げ)
・Officeのリボンのタブ読み上げ時に、付加されているショートカットキーも 読み上げるようにしました。
・Skypeのプロフィール編集画面などのエディットボックスやコンボボックスに フォーカスが移動した際、左側のテキストを読み上げるようにしました。

【不具合修正】

●メモ帳などで日本語オン/オフが二度読まれてしまう不具合を修正しました。

●JukeDoXにて、プレイリストの項目を上下矢印キーにて移動した際、 「コマンドプロンプト オープン」と読み上げてしまう現象を回避しました。

●InternetExplorerの見出しタグ判定ロジックを修正、見出しタグの認識率が向上 しました。

●InternetExplorerにて、サイトの構造上、リンクタグの中にさらにHTMLタグが 入れ子になっているようなサイトを正しく読み上げるように対処しました。

●WordやExcelなどのアプリケーションにて、日本語入力時にローマ字入力で「lya」と 入力した際、「ゃ(小さい"や")」と読み上げない不具合を修正しました。 また、「fo」と入力した際に「ふぉ」と読み上げない不具合を修正しました。

●パスワード入力のエディットボックスにフォーカスがある状態で、Tabキーで 別の場所にフォーカスを移動させたときに、「アスタリスク」と読み上げてしまう 場合があるのを修正しました。

●IE7にて、お気に入りをアプリケーションキーから「削除」を選択した場合、 その時に表示される削除確認のメッセージを読み上げない不具合を修正しました。 (正確に言えば、後からの読み上げでかき消される現象を修正)

●WindowsVistaにて「ファイルを開く」コモンダイアログの中で一部のドロップダウン メニューを使用すると、それ以降読み上げが出来なくなる現象を回避しました。

●FocusTalk起動中にCtrl + Shift + F6を押してもFocusTalk設定画面が表示されない 不具合を修正しました。

●ウィンドウを開いた際、アプリケーションによってはタイトルバーのテキストを 読み上げない現象を修正しました。(Word2007、秀丸などが該当します。)

過去のリリースノート一覧はこちら

使用許諾

FocusTalk [an error occurred while processing this directive] アップデートモジュール ファイル内容


公開日 2008年12月10日
対象製品 FocusTalk ver.2.0以降
ダウンロードファイル名 focustalk_update_2_0_4c.exe
ファイルサイズ 2.74MB

アップデートモジュールのダウンロードはこちら

前バージョン 前バージョンver2.0.4bのダウンロードはこちら

動作環境

Windows Vista:Windows Vista Ultimate/Windows Vista Business/Windows Vista Home Premium/Windows Vista Home
Windows XP:Windows Professional Edition/Windows Home Edition

本ソフトウェアのインストール方法とバージョンの確認方法

インストール方法
手順1.FocusTalkがインストールされているパソコン上に、アップデートモジュールをダウンロードします。
手順2.ファイルは実行形式になっているので、ダウンロードしたファイル「focustalk_update_2_0_4c.exe」を選択し実行してください。
手順3.インストーラーが起動し、アップデートが開始されます。
手順4.インストール後、コンピューターの再起動を行ってください。以上で、インストールは完了です。

バージョンの確認方法
手順1.FocusTalkを起動します。
手順2.FocusTalkのメニュー「ヘルプ(H)」-「バージョン情報(A)」を開いてください。バージョン情報を読み上げますので、「FocusTalk [an error occurred while processing this directive]」と読み上げれば、アップデートは完了しています。

本ソフトウェアへのフィードバック

Skyfish開発チームでは、本製品をご使用いただいた際の皆様からのご意見・ご要望・バグ情報をお待ちしております。
些細な情報でも結構ですので、情報をお寄せください。

フィードバック入力フォームはこちらです

ページの先頭に戻る 前ページに戻る
現在のページ位置は
Valid XHTML 1.0 Strict
プライバシーポリシー  FocusTalkの使用許諾契約について  商標・著作について  開発ベンダー企業様向け情報
Skyfish ホームページへ
© 2005- Skyfish Inc. All right reserved.