このページはJavaScript未対応のブラウザでも、問題なく表示されます。 株式会社スカイフィッシュ:Skyfish Inc. - OpenXMLへの取り組み
ヘッダ
製品一覧サービズ内容会社概要お問い合せHOME
HOME > OpenXMLへの取り組み
 

OpenXMLへの取り組み

Open XMLとは?

OpenXMLは、Microsoft Office 2007で新たに採用された文書フォーマットで、XMLおよび ZIP テクノロジに基づいて設計されており、すべての開発者は、ファイル形式およびスキーマの仕様を、オープンライセンス条項に基づいて無償で入手することができます。Office Open XML 形式の中核には、業界標準のXMLが採用されているため、互換性・安定性・効率性に優れ、今後様々な分野での応用が期待されています。

スカイフィッシュでは、Open XMLへの取り組みとして"JukeDoX"(開発コード:Open XML Readerを改め)の開発を進めてまいりました。
JukeDoXの詳細は、JukeDoXとは?のページをご参照ください。

JukeDoXは、日本語Windows Vista / XP向けのアプリケーションで、OpenXMLのファイル形式であるWord 2007、Excel 2007、PowerPoint 2007の文書ファイルをはじめとし、一太郎、PDF、htmlといった日頃から良く利用される様々な文書ファイルなどからテキスト情報を取り出し、コンピュータの合成音声で読み上げる、あるいは、オーディオファイルフォーマットにて録音(保存)をすることが出来るソフトウェアです。 WORD2007ファイルの場合には、見出し行単位でチャプター分割をすることができ、チャプター単位での再生、録音といったきめの細かい操作が可能となります。

Open XML Reader プロセッシングイメージ

また、簡易編集機能を備えており、JukeDoXのウィンドウ内に表示されている内容を、OpenXML(Word 2007形式)等で保存をすることも可能です。

OpenXMLの相互運用性に関する実証実験の実施について

マイクロソフト社
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3493外部リンク

Wipse設立プレス発表会/設立記念セミナー

2007年6月27日に行われたプレス発表会/設立総会で、OpenXMLReader(左記は発表時の仮称、正式製品名はJukeDoX)のデモストレーションを行いました。 このデモストレーションでは、サンプルとして用意したWORD2007ファイル(OpenXML形式)から、テキスト情報を音声読み上げをし、また、WMA形式にて保存したファイルをメディアプレーヤー11で再生する様子をご紹介しました。

プレス写真
写真:Wipse(ワイプス)説明会会場の様子
※Windows、Windows Vista、及びOffice製品(Word、Excel、PowerPoint)は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
※ 製品名および会社名は、各社の商標および登録商標です。
前のページへ戻る ページの先頭へ戻る